NET WORK PUBLISHING

プロデュース作品はランキング上位を独走!魅力あるデジタルコンテンツを提供する!

森明日香

森明日香

誰かが私をH

注目の発売です!

誰かが私を

著者:森 明日香

イラスト:不破希海

晶子と昌也は結婚したばかり。ある日、マンションの前で気になる女性を見かけて、晶子は暗い予感がした。

晶子と昌也は結婚したばかり。ある日、マンションの前で気になる女性を見かけた。

(誰かと待ち合わせをしているのかしら?)

前を通り過ぎようとしたら、にっこり微笑まれて挨拶をされた。けれど、晶子には思い当たることがない。

(まさか、昌也さんに関係がある人……?)

暗い予感が晶子の胸に浮かんだ。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

300円

配信サイトはこちら

ピュアH

ピュア

著者:森 明日香

イラスト:中田恵

子どもの頃から描いていた目標を失い、若菜は派遣社員として働いている。職場の男性にほのかな想いを寄せているけれど。

子どもの頃から描いていた目標を失い、彩菜は派遣社員として働いている。

大人で優しい、職場の男性にほのかな想いを寄せているけれど、自分なんて相手にしてもらえないだろうと、最初からあきらめていた。

「夢も愛も、自分には縁がないもの」と。

けれど、男性から食事に誘われて彩菜は舞い上がる。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

400円

配信サイトはこちら

哀しくも愛しくて小

哀しくも愛しくて

著者:森 明日香 

イラスト:中田恵

高校のクラス会に参加した時、りん花は噂を聞いた。

「あいつ、この街に戻ってきてるよ」

それは七年前に姿を消した那由多のこと。

……会いたい。会って、たしかめたい。

那由多への想いが募る。

けれど、決意を抱いて会いに行ったりん花に、那由多は冷たく「帰れ」と言った。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

さよならさびしい夜_小225

さよなら、さびしい夜

著者:森明日香

イラスト:炎かより

桜の趣味は映画鑑賞。ある日、会社の帰りに立ち寄ったレンタルショップで、聖と再会した。

桜の趣味は映画鑑賞。ある日、会社の帰りに立ち寄ったレンタルショップで、聖《さとる》と再会した。

「久しぶり。元気だった?」

聖は明るく話しかけてきたけれど、桜は戸惑い、下を向く。打ち明けたくて、けれど想いを告げられなくて。後ろ姿を見送った相手だから。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

300円

配信サイトはこちら

チーム、愛H

チーム、愛

著者:森明日香

イラスト:中田恵

高校を卒業して二年。菜月は楽しかった日々を忘れられず、置いてきぼりにされたような気持ちでいたけれど……。

高校を卒業して二年が経った。

ブラスバンドのメンバーとして楽しかった日々を忘れられず、菜月は置いてきぼりにされたような気持ちでいた。

そんなある日、メンバーのうちの二人が結婚することが決まった。「余興に演奏しよう」菜月に声をかけたのは、密かに想いを寄せていた聡也だった。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

300円

配信サイトはこちら

美しき人よ、祖国を永遠に_小

愛しき人よ、祖国よ永遠に

著者:森 明日香

イラスト:不破希海

13世紀の西ヨーロッパ。リアンはトリフォレストの姫君として、何不自由なく過ごしていたが……。

13世紀の西ヨーロッパ。
リアンはトリフォレスト家の姫。優しい両親と兄に見守られながら、平和に暮らしている。
ある日、領内で兄とともに馬に乗っていたら、吟遊詩人の服装をした若者が倒れていた。
そばには竪琴が投げ出されている。
「山賊に襲われたのかもしれない」
兄の言葉にリアンは心から同情し、館へ連れて行くように頼み込んだ。
夜が更けてから、リアンは若者の部屋へ食べ物を持って行った。
「助けてくださってありがとうございます」
若者はディーンと名乗り、竪琴が無事だったことに感謝した。
しかし、朝になるとディーンの姿は消えていた。まるで夕べのことなど嘘のように。
それを知って、兄はリアンを叱りつけた。
「ウェールズ大公の差し金だったかもしれない。我が領地も狙われているのだ」と。
ディーンの優しげな風貌に、リアンは「まさか」と信じられずにいた。
※ この物語は史実を参考にしたフィクションです。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

500円

配信サイトはこちら

ドレスも指輪もいらないH

ドレスも指輪もいらない

著者:森明日香

イラスト:不破希海

弓子は雑居ビルの中にあるオフィスで働いている。あることをきっかけに、若い警備員と話をするようになった。

弓子は二十七歳。雑居ビルの中にあるオフィスで働いている。一人娘のために、親からは結婚のプレッシャーを受けていた。けれど、お見合いではなく、恋愛から結婚に至りたいと考えている。そんなある日、ふとした出来事をきっかけにして、若い警備員と話をするようになった。「ダブルワークをしている」と聞いて驚いたが……。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

300円

配信サイトはこちら

愛のかけらをもう一度

愛のかけらをもう一度

著者:森明日香

イラスト:中田恵

結婚式のひと月前に、元カノに婚約者を奪われた涼花。もう誰も愛せないと絶望していたけれど……。

涼花《さやか》は経理部に勤めるOL。
結婚式のひと月前に、元カノに婚約者を奪われてしまった。
失意のまま同じ会社に勤め続ける涼花。同僚の深雪は「新しい恋をしなくちゃ」と励ましてくれるけれど、もう誰も愛せない、信じられないと落ち込んでいる。
そんなある夜、会社の帰り道に酔っ払いにからまれた涼花を、長身の男性が救い出してくれた。
「二度と傷つきたくない」
頑なに思い込んでいたけれど……。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

300円

配信サイトはこちら