NET WORK PUBLISHING

プロデュース作品はランキング上位を独走!魅力あるデジタルコンテンツを提供する!

森明日香

森明日香

想い出がはなれない

想い出がはなれない

著者:森明日香

葉子と将司は高校時代から付き合っていた。けれど、大学を卒業する間際に将司が一夜の過ちを犯してしまった。相手は本気で、「責任をとって」と将司に詰め寄った。「ごめん。本当にごめん」謝る将司を振り切り、葉子は別れの道を選んだ。 あれから三年。幾人かの男性と付き合ってみたけれど、本気になるのが怖くてうまくいかない。 将司の面影は完全に消したはずなのに。どこかでひきずっているのかしら。ならば、いっそのこと忘れ去りたい。そうすれば自分は楽になれるのに・・・・・・。 思い詰める葉子の前に、将司が再び現れた。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

konokoigakanaumade

この恋が叶うまで

著者:森明日香

ゆかりは良家の子女。実の兄から「結婚は家と家との契約。相手を自分で決めてはいけない」と厳命されていた。せめてもの反抗として、音楽教室にピアノ講師として勤めている。 ある日、教室から帰る途中、乗っていた自転車のタイヤがパンクしてしまった。近くの店に持って行くと、青いツナギを着た男性に出会った。 男性は、司と名乗った。以前からゆかりを知っていたという。 「これは出会いじゃない。再会なんだ」 熱い眼差しで見つめられ、ゆかりは戸惑いつつも、司に惹かれてゆく。 だが、司の存在に気づいた兄は、ゆかりを遠ざけようと、見合いの話を持ってきた。「勝手なことは許さない。お前の相手は、僕が決める」と言って。 反対されればされるほど、司に対するゆかりの想いは募る。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

kikasete

聴かせて your heart

著者:森明日香

清花は、薬剤師を目指す大学生。けれど、バイト三昧の苦学生でもある。寮の門限を破り、遅くまでレストラン・バーで働いているが、その店には大学の先輩・巧も働いていた。「有閑マダムの愛人」「星の数ほど恋人がいる」という噂が流れている巧に、清花は警戒する。 「誰にでもイイ顔するところがアヤシイ! 絶対に引っかかるものですか!」 そんな清花を、巧は優しい眼差しで見守り、ミスをしたときにはさりげなくフォローを入れてくれる。 学費を稼ぐために、清花は必死で働いていた。しかし、レストラン・バーの女主人・レイアは巧にご執心。暇を見つけてはベタベタし、清花をライバル視している。 ある日、巧が「もう辞めます」とレイアに言った。機嫌を悪くしたレイアは、清花も同時に辞めさせることにした。 突然クビになり、困り切っている清花に、巧は「自分を頼って欲しい」と囁いたが……。

 

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

with  you

with you ・・・だって、好きだから

著者:森明日香

加奈は、IT会社で正社員として働いている。厳しい就活を経てようやく採用されたので、これまでは仕事ひとすじだった。けれど、今年の秋で二十八になる。そろそろ誰かに頼りたい。一人でがんばることに疲れてきた。実は、ひそかに同じ部署の達郎が気になっている。向こうは派遣社員だし、自分より年下だというのに。素直になりたくても、意識しすぎて素直になれない。達郎と同じ会社から派遣されている美由紀は、のびのびとふるまっている。それがうらやましくてたまらない。おまけに、美由紀は達郎を気に入っているようだ。甘えた声を出して達郎に近づくたびに、加奈の心はゆれ動く。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

koisurukafwein

恋するカフェイン

著者:森明日香

就活に失敗した真苗は、カフェでバイトをしている。 真苗はダブルでショックを受けていた。なぜなら、カフェのマスター・恭一に想いを寄せていたから。 「一人前の社会人になって、マスターに認められるような女性になったら告白しよう」密かに誓っていたのに・・・・・・。 カフェには、一人の女性がよく現れる。マスターを「恭一」と親しげに呼びながら。真苗より年上で、メイクもファッションも大人の装いだ。マスターを「恭一」と呼び捨てにするのも気になる。 女性が帰ったあとにさりげなく聞いてみたら、かつての同僚だったと言う。マスターは、大手の食品メーカーに勤めていたことがあるのだ。 それを聞いて真苗は落ち込んだ。家政学部を卒業した真苗は、そのメーカーの就職試験も受けていた。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

Itoshinomythi-cha-

愛しのMyティーチャー

著者:森明日香

春日奈緒は新婚の妻。宏哉は、高校の元担任。数学を担当していた。最後のバレンタインで想いを打ち明け、二人はつき合い始めた。奈緒が短大を卒業するのを待って結婚。毎日が楽しい……はずなのに。  ある日、新居に宏哉が受け持つ特進科の生徒たちがやってきた。そのうちの一人・佐和英玲奈は、何かと奈緒につっかかる。十七歳。自分に自信を持ち、傲慢なほどに美しいころ。 「へー、奥さんって数学が苦手だったんですか」 「そのころの先生、やり甲斐なかっただろうなあ」 「私、先生みたいに頭のいい人って理想」  じわじわと奈緒の気持ちを追い詰める。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら

Pearl honkidesukinanoni

Pearl 本気で好きなのに

著者:森明日香

詩織は市役所職員。地味で目立たず、黙々と仕事をこなしている。  お昼には、役所が契約しているお弁当を食べている。その弁当を届けるのは、堂本というアルバイト。イケメンだが、同僚からは「バイトだし」と軽蔑されている。  ある日、真新しいスーツ姿で堂本が現れた。 「俺の親父、レストランのオーナーなんだ。弁当屋のバイトは修業」  堂本は、自分にも挨拶する詩織に好感を抱いていた。 「次期社長なら、グレードの高い女性を選んだ方がいいです」  けれど、堂本は笑いながら言った。 「俺になびかないなんてどうかしてる。初めてなら優しくするよ」  詩織は堂本を睨みつけた。 「一回だけならお相手します。男性と付き合ったことくらいありますから」  詩織には、手痛い失恋の経験があった。

スマートフォン(アンドロイド)発売中です

i-phone発売中です

配信サイトはこちら